子供でも飲める青汁

子供が飲んでも大丈夫か

青汁は薬でもなければサプリメントでも無いので、年齢制限はありません。
よって子供が飲んでも全く問題はありませんし、逆に飲んだ方が健康には良いぐらいです。
基本的に青汁には野菜や野草以外は使われていないのが当たり前で、最近よく見かける色々な甘み成分などを混入させている青汁は、青汁とは呼べない物ばかりです。
また、使用する野菜でも、無添加無農薬の野菜を使用している青汁を選ぶと、苦みの中にもほんのりとした甘みがあるので飲みやすいです。
栄養素も高く、体にも良いので安心して飲む事ができます。


青汁を飲みやすくする方法

子供が青汁を嫌うのは、青汁の野菜本来が持つ苦みをダイレクトに感じる為です。
そこで、できる限り無添加無農薬の野菜を使った青汁を選んで飲ませると良いですが、それでも苦手な子供が大勢います。
そこで青汁に牛乳やハチミツを加えて、甘み成分が苦み成分に打ち勝つように工夫すれば良いのです。
ですが、あまり甘くし過ぎないように注意しましょう。
甘み調整に自信が無い人は、最初から甘み成分を含んだ飲みやすい青汁を販売している店もあるので、探してみてはいかがでしょう。
通所の青汁よりカロリーや糖分が若干高くなりますが、取り過ぎないように注意すれば問題ありません。


子供も飲める青汁の種類

子供でも美味しく飲める青汁を選ぶポイントは、甘み成分の強い野菜が使われている青汁を選ぶ事です。
お茶のような感覚で、豊富な栄養が取れる野菜と言えば明日葉です。
青汁の中には、この明日葉を主成分として使用している商品も出ていて、苦みが少ない事から子供も良く飲んでくれると評判が高い種類の青汁です。
他にはゴーヤを使った青汁ですが、ゴーヤと言えばニガウリと呼ばれるほど苦みが強い野菜ですが、火を通す事で苦み成分が殆ど無くなります。
更にケールや大麦若葉などが含まれていると、更に苦みが薄れて、甘みが増す上に、3種類の野菜で栄養の高さも倍増です。