菜善青汁【アサヒ】

契約農家から仕入れている大麦若葉を使用

アサヒ菜善青汁の主成分として使われている大麦若葉は、プロの目に適った契約農家から直接いい物を仕入れて使用し、大麦若葉の栄養分をそのままの状態で青汁に仕上げた製品がアサヒ菜善青汁です。
青汁は基本的に野菜その物を使う事が当たり前なので、大半の青汁は無農薬無添加の野菜が使用されています。
大麦若葉はその日に取れた物をその日の内に使う事で、新鮮な大麦若葉の鮮度が落ちないようにしています。
アサヒ菜善青汁で使う大麦若葉は、他の青汁とは違った使い方をしているのですが、通常は大麦若葉その物を使用するのが一般的です。
しかし、アサヒ菜善青汁は、大麦若葉を乾燥させて、微粉砕させる事で、栄養素を体内で吸収しやすくしているのが特徴です。



乳酸カルシウムが含まれている

アサヒ菜善青汁には、大麦若葉以外にも当然色々な野菜が使われていますが、その中でも乳酸カルシウムと呼ばれている成分が多く含まれている野菜を厳選して使用しています。
乳酸カルシウムを多く含んでいる野菜とは、人参、ホウレンソウ、ゴボウなどが挙げられますが、これらの野菜から良質な乳酸カルシウムを抽出する事で、水に溶けやすい吸収性抜群の強力なカルシウムとなります。
このようなカルシウムをL型発酵乳酸カルシウムと呼んでいて、人間の体に最も適したカルシウムとして知られています。
その理由は、血液と似た感じの成分である為だと言われています。


その他アサヒ菜善青汁に含まれている成分

アサヒ菜善青汁には、乳酸カルシウムや大麦若葉以外にも、体に良い成分や材料を選び抜いて使用しています。
その1つがアロエエキスで、アロエは薬としても使用されていて、特に昔は火傷薬として重宝されており、昔は医者いらずという愛称で呼ばれていた時代もありました。
更には整腸効果がある事でも知られており、便秘の改善にも効果を発揮します。
他にも抹茶成分が使われていて、ビタミンCやミネラルの補給もできます。
更に麦芽糖が使われていますが、麦芽糖の糖分はとてもカロリーが低い事で知られており、疲労回復効果もあります。