キューサイのはちみつ青汁

ハチミツで甘みをプラス

キューサイ青汁には、ハチミツが初めからブレンドされているので、買った後に色々とブレンドする手間が省けます。
また、ハチミツは豊富な栄養がたっぷりと含まれている以外にも、疲れを取る効果があるので、苦い青汁が苦手な子供や、仕事帰りで疲れが溜まっている人にお勧めの1品です。
本来の青汁の良さである食物繊維やビタミン成分も全く変わらないので、栄養素が落ちている事もありません。
ですが、ハチミツが加わっている分、糖分とカロリーが高めですが、大量に飲まなければ問題はありませんし、水や牛乳で割って飲む事もできます。


国産食材を使用

食の問題が騒がれる中、やはり一番安心できるのが国産商品ですが、キューサイの青汁は、原料として使用しているケールやハチミツは全て国産を使っています。
ケールは有機栽培無農薬で育てられた野菜のみを使い、種の段階から気を配り、ケールが育ちやすい土壌で栽培されたケールのみを使い、ハチミツもプロの養蜂家が育てた日本ミツバチから取れるハチミツを使用するこだわりを持っています。
品質にも独特のこだわりがあり、研究所で農薬検査に通った物だけを使用して製造し、製造が終了した商品を更に検査して出荷します。
また、販売方法も、飲みやすく量がバラバラになりにくいスティック型で販売しています。



キューサイ青汁の使い方

キューサイ青汁をより美味しく摂取する為の調理法をいくつか紹介します。
当然普通にスティックに入っている青汁粉末を水や牛乳と飲んでいただく事もできますが、豆乳やヨーグルトと混ぜても美味しく頂く事ができます。
更にカボチャのスープにも良く合いますし、グラタンやスパゲティーに入れても美味しく食べられます。
料理が得意な人は、アイスを作る時に使用する事や、ケーキを作る時に使用すると、甘みと苦みが丁度良くなり、子供でも違和感なく食べられます。
炭酸飲料で割って飲む事もできるので、クリームソーダにして飲むのも良い方法です。