ビタプロ青汁

23種類の豊富な栄養素

ビタプロ青汁には、様々な特徴やこだわりがたくさんありますが、23種類の栄養素をどのようにして含ませているのでしょうか。
ただ栄養素を含ませるだけなら、手当たり次第に野菜をすり潰して栄養素を補給すれは良いのですが、ビタプロ青汁は、ビタミン成分に注目し、大麦若葉を主原料としている他、多種多様なビタミン成分をバランスよく採れるように、試行錯誤を続けて開発された商品です。
ビタミン以外にも、乳酸菌やポリフェノールが豊富に含まれていて、普段の食生活が偏りがちな人には最高の青汁です。
更にアミノ酸もたっぷりと含んでいて、健康食品に含まれている成分をいいとこどりしています。


ビタプロ青汁オリジナルのトリプルG

ビタプロ青汁のホームページを見ると、あまり目にする事がないトリプルGと呼ばれている言葉が出てきます。
このトリプルGは、ビタプロ青汁に使われているオリジナルの処方なので、他のホームページなどでは目にできないのは当たり前です。
ではトリプルGとは一体何の事でしょうか。
トリプルGとは、ビタプロ青汁を製造する時に使われているオリジナルの処方で、大麦若葉、カワラケツメイ、クロレラと3つの植物を使用して、ビタプロ青汁特有の成分バランスで作る方法の事です。
これらの他にもドクダミやアカメガシワを使っていて、薬用効果も期待できる青汁に仕上がっています。


冷たくてもサラッと溶ける

様々な特徴があるビタプロ青汁ですが、冷たい水でもサラッと溶けてダマになる事無く、まんべんなく混ざるのもビタプロ青汁の特徴の1つで、味が下の部分だけ濃くなるといった現象が起こらないように作られています。
その為、色々な料理に混ぜて使える他、飲みやすさも倍増します。
粉末の粒が小さく作られているので、水が冷たくても溶けますが、熱いお湯で飲む事も可能ですし、中にはみそ汁に入れて飲んでいる人もいます。
その為、リピーターからの意見では、約97パーセントの人が満足と答えていて、その1番の理由が、青汁特有の苦みが無く飲みやすいという回答でした。