あしたば青汁みどり

明日葉という植物

明日葉は主に伊豆諸島に自生している植物で、天ぷらやふりかけにして食べる事が多く、とても栄養が豊富な植物として知られています。
また、漢字をみてもらうとわかりますが、明日には葉が生えてくる生命力の強い植物でもある事から明日葉と名付けられました。
そんな明日葉には、これでもかというぐらい豊富な栄養素が含まれており、その中でも特に多い栄養素がカロテン、食物繊維、ビタミンE、カリウムの4つです。
カロテンはトマト8個分、食物繊維はレタス2個分、ビタミンEは人参5個分、カリウムはピーマン8個分の量を含んでいます。
更に明日葉は、昔から不老長寿と美容の薬草と言われていて、大勢の人から親しまれていた植物です。
そんな明日葉を主成分に使っているのがあしたば青汁みどりです。


あしたば青汁みどりに使用している材料と成分

あしたば青汁みどりでは、主成分の明日葉はもちろんですが、明日葉以外にもたくさんの材料を使用し、色々な成分が含まれる健康青汁に仕上げています。
あしたば青汁みどりに使っている材料は、大麦若葉、乳酸菌、オリゴ糖、キダチアロエ、ギムネマシルベスタ、デキストリンを使用して作っています。
これらの材料に含まれている成分は、亜鉛、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれ、当然明日葉に含まれているビタミンEや食物繊維なども多く含まれています。



明日葉に合う料理

明日葉は様々な料理に使われますが、定番の天ぷらを始めとして、カレーに入れて食べる人もいます。
カレーには多くのスパイスが入っていて、香辛料が強いのが苦手な人もいます。
そんな人に明日葉カレーはお勧めで、明日葉を入れて煮込む事で、後味がすっきりとする風味豊かなカレーになります。
また、スパゲティーに入れても美味しく食べれます。
よくスパゲティーに香草を入れて食べる人が多いように、明日葉を入れるととてもまろやかな味になり、特に冷たいパスタサラダに入れると美味しく食べられます。
ソーダやグレープジュースなどに、あしたば青汁みどりを加えて飲むのも最高に美味しい飲み物になります。