青汁三昧

抹茶風味で飲みやすい

数ある青汁の種類で、青汁三昧という種類があります。
この青汁三昧の特徴は、日本人に飲みやすい抹茶風味に仕上げている事で、ほんのりとした甘さが加わっています。
この抹茶風味を出している成分の1つが大麦若葉で、癖が無く独特の苦みを抑えているので子供でも美味しく飲める青汁です。
多くの芸能人が愛用している事でも知られ、購入した人の9割以上の人が美味しいと回答しています。
食事と共に飲むのも良いですが、風呂上りや会社帰りに飲む人も多いようで、スッキリサラッとした飲み心地が人気の秘密です。


どんな野菜よりも多い栄養素

青汁三昧み含まれている栄養素は、通常の野菜だけではとても補えない程多く含まれていて、その中でも特に多い栄養素がビタミンC、鉄分、食物繊維、葉酸、カルシウムの5つです。
特に他の青汁では、それ程多く摂取する事ができない鉄分やカルシウムが豊富なのはとても嬉しい事です。
ちなみに鉄分が多い野菜はピーマンですが、青汁三昧はピーマン8個分の鉄分が含まれていて、ビタミンCはレモン20個分、食物繊維はキャベツ4個分の栄養素が含まれています。
これだけの野菜を一度に採る事はまず不可能なので、青汁によって摂取する方法が一番適しています。
また、青汁はサプリメントや薬と違い、特に決まった飲み方も無く、安心して飲む事ができるのも魅力です。


美味しくて溶けやすいスティック粉末タイプ

青汁三昧はスティックに粉末が入っている状態で売られています。
粉末の利点は、いちいち量を図る必要が無く、しかもきっちり適量の青汁が飲める事にあります。
また、自分の好みで濃くする事も薄くする事もできるので、自由度が格段に増す事も長所です。
しかし、一長一短という言葉があるように、長所があれば短所もあるのが普通で、粉末タイプの場合は、お湯ならばともかく、水を使用するとダマになって溶けにくい事があります。
ですが、青汁三昧では、水にも溶けやすいように研究を重ね、粉末の粒をより細かくし、全て同じ大きさにする事で、水でも溶けやすい青汁に仕上げる事に成功しました。